%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%
チャレンジ2012−12の報告

皆様のご理解とご協力を有難うございます.
沢山の皆様からのご理解とご協力を頂きましたことを,心から御礼申し上げます.
しかしながら,目標には届くことが出来ず,お詫び申し上げます.

実現しましたことは,2012年12月末までに,
1.水を9トンを,被災地へお届けして配布しました.
(秋田市での積み込み風景 12月〜3月)
 

 


 1)秋田市からペットボトル(2リットル/本)入りの水,9トンを貰い受けて,
  7トンを宮城県の石巻市から気仙沼市の海岸沿いの地域へ,AGネットワークを通して,
  2トンを福島県のいわき市の沿岸部の地域へ,
  NPO法人グローバルネットワークジャパンを通して,
  12月末までに,お届けし配布することが出来ました.
  この活動は,サマリタンズパースから輸送費の支援を受けて行いました.

  (いわき市遠野町での活動)
  

 (石巻市女川町方面での活動)
    

 
2.クリスマスチャリティーコンサートを12/11(火)に実施しました.
 1)コンサートは,
    来場者数25名,

    予算210000円に対し,
    収入 :入場料 10500円,
         寄付金 30000円,
         収入:  40500円
 2)大幅の赤字となり,収益から被災地へお献げすることが,出来ませんでした.
   運営のために協力をして下さったボランティアの青年たち,そしてご後援を
   賜りました皆様,ポスター案内の作成にと配布にご協力を賜りました皆様に,
   こころから御礼申し上げます.


    


目標には,遠く届きませんでしたが,沢山の人たちと一緒に,取り組みをさせて
頂けた幸いを,こころから感謝申し上げます.


4.以上の結果を踏まえ,その経験を成果として,
  今後も,
支援活動に取り組んで参ります.
  1)私たちのNPOEJDRFの活動の状況の如何に関わらず,被災地で
    は支援を必要としている状態に,変わりがありません.

    特に被災地では,心のケアの必要が,大きくなっています.
    石巻市では,中田理事が,市長並びに副市長から活動の推進を
    求められています.
    AGネットワークでは,養殖漁業の関係者から,一緒に作業をする
    ボランティアの人たちを送るように要請を受けています.

  2)チャリティーコンサートに参加できなかった人々から,
    被災地以外の地域にある私たちが,災害に遭遇した時に,
    こころといのちを守るために,今から,どのような備えをしていくこと
    が必要か,被災地された方々や,被災地へ入って救済支援活動を
    している方々が得られた教訓から,啓発を受けたいという希望が
    寄せられています.

  
  皆様方には,更なるご理解とご協力を賜りたくお願い申し上げ
  ます.


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

チャレンジ2012−12

目標:2012年12月末までに,2000万円の支援をする.

期間:2012年10月から2012年12月末まで

内容:重点的に,プロジェクト1.〜3.の実現のために,
    経済的な支援,ボランティア支援を仰ぎ,お届けする活動をする.

  ★支援先を“チャレンジ2012-12”と明記の上,寄附・募金等のご支援と
    ボランティアのご協力をお願い申し上げます.
  ★頂きましたご寄附・募金等のご支援は,プロジェクト1.2.3.へ,
    必要に応じて,重点的に配分致します.


  ☆尚,プロジェクト4.〜10.につきましても,支援先を明記の上,
    ご寄附・募金等のご支援とご協力を賜りたく,お願い申し上げます.


プロジェクト1.〜3.の概要

これまでの活動を通して,新た要請が起きてきた支援事業です.

1.石巻の必要:石巻クリスチャンセンターの建物改築への支援.
    (会員の中田元師が関わるプロジェクト)
    1)活動地域:石巻市と女川方面への活動,

    2)活動期間:2011年3月から

    3)活動内容:
     a.石巻で救済復興支援活動拠点として活動をしている.
     b.石巻市とその東側の女川町地域の被災地へ入るボランティアの
      受け入れと,主要なボランティア団体の宿泊のベースとして機能している.
     c.地域住民へコミュニティーの場を提供し,お茶っこ,給食その他の機能もしている.

    4)支援要請の内容:    
     a.2013年3月末までに,6000万円の費用が必要.
      皆様のご支援をお願いしたい.
     b.建物が古くて狭く,活動に困難を生じている.

      建物の全面改修が必要.
     c.現在,石巻キリスト教会の土地建物を利用している.
     e.場所は,石巻駅に隣接し,石巻市の中心地である.
    
 f..地域コミュニティーセンター機能とを兼ね備える施設へ
       拡充する必要に迫られている.



2.福島県
  (緊急要請)
  FUKUSHIMAいのちの水プロジェクト
    (NPO法人FUKUSHIMAいのちの水,代表:奥山実師)
  1)福島市,郡山市を中心に福島県内全域を対象地域として活動している.
  2)お母さんと子どもたちへ,内部被爆を低減するために,安心な水を供給する活動.
    2011年4月から行っている.
  3)期間:2011年3月11日に誕生した子どもが,3歳になるまでの期間
  4)目標:期間中に1500トンの水(ペットボトル500ml入り)を,地域の家庭へ供給する.
  5)これまでの実績:2011.03.11〜2012.9.30
     500トンの水(ペットボトル500ml入りで100万本=\100,000,000) 
  6)要請:ペットボトル入りの軟水の飲用水(100円/本)を届けるために
     購入費と配送費のご支援を頂きたくお願いします.
    *現在,在庫が0本になる直前にあり,緊急に支援をお願いします.
  7)費用:試算 100円/日・2リットル×1000人×90日 = \9,000,000- / 3 ヶ月


 いわき市の水プロジェクト
  (緊急要請)
  1)いわき市の沿岸部の小さな町遠野町と薄磯地区への水プロジェクト
    これらの町と地域では,行政の手が届かず,地元の人とボランティアとの
    協力により地域の復興に取り組んでいる.
  2)遠野町では,簡易水道を用いていたが,3.11の津波災害により家屋敷が
    流されるとともに,使えない状態.
    薄磯地区は上水道が復旧していない状態.
    2012年10月現在も,他所で水汲みをして運んで来る生活.
    地域の復興のために足かせとなっている.
    その地域にペットボトルの水を供給したい.
  3)期間:2012年10月も必要.当面,これから3ヶ月継続.
  4)対象:遠野町100名,薄磯地区600名
  5)費用:試算 100円/日・2リットル×700人×90日=\6,300,000- / 3 ヶ月



3.宮城県
  AGプロジェクト(代表:岸波市夫師)
  1)活動内容:
     多数のボランティアを受け入れ,宮城県の三陸海岸地域の被災者へ
     コーディネートして,送り迎えをして,一緒に活動している.
     また,食料および日用品や,経済支援もしている.
  2)ボランティアセンターを設け運営している.
     古川市築館町のイェス・キリスト栗原聖書バプテスト教会内に設置.

  3)活動地域:宮城県の三陸海岸地域から気仙沼市まで.
  4)活動期間:
     2011年3月11日〜 
  5)これまでの実績:
    a.200世帯以上に対して,食料および日用品や,経済支援をしている.
    b.多数のボランティアを受け入れ,宮城県の三陸海岸地域へコーディネート
     している.
  6) 支援:経済支援を希望している.
    a.毎月200万円程の経済支援をお願いします.
    b.ボランティアと被災地の猟師との間をコーディネートするための費用
    c.ボランティアの宿泊拠点運営費
    d.現地への送迎費
  7)特別募集:
    ボランティア募集:アワビ等の養殖をしている猟師の作業の補助をする作業
    のために
    多数のボランティア.送ってください.
  8)期間:2013年3月下旬〜4月中旬



プロジェクト4.〜10.の概要

4.宮城県
  ホープ宮城(会員の大友幸一師が運営するプロジェクト)
  1)活動内容:被災者と被災教会への継続的な寄り添い支援活動.
  2)ボランティアセンターを設置し,2012年7月からイギリス人の専従スタッフ2名を
   置く.
  3)地域:津波の被害を受けた井戸浜地区,亘理地区
  4)期間:2011年〜.
  5)支援:経済支援をお願いします.
   a.毎月200万円程度の支援の必要が有ります.
   b.ボランティアと被災地の猟師との間をコーディネートするための費用
   c.ボランティアの宿泊拠点運営費
   d.現地への送迎費



5.岩手県
  会員の近藤愛哉師が運営する支援プロジェクト
  盛岡聖書バプテスト教会内
  1)活動内容:被災者と被災教会への継続的な寄り添い支援活動.
  2)ボランティアセンターを設置し,2012年7月からイギリス人の専従スタッフ2名を置く.
  3)地域:津波の被害を受けた井戸浜地区,亘理地区
  4)期間:2011年〜.
  5)支援:経済支援をお願いします.
   a.毎月200万円程度の支援を必要としています.
   b.ボランティアと被災地の猟師との間をコーディネートするための費用
   c.ボランティアの宿泊拠点運営費
   d.現地への送迎費



6.福島第一聖書バプテスト教会
  会堂建設のために,教会およびクリスチャンの献金を求めている.
  原発が被災し,事故を起こしたために,
  いわき市で新規会堂の建設を必要としている.




7.泉聖書バプテスト教会
  会堂全面改築のために,教会およびクリスチャンの献金を求めて
  いる.

  東日本大震災のために,会堂の土台と建物が壊れ,
  全面改築を行政から勧告されている.




8.気仙沼第一聖書バプテスト教会
  津波で会堂が流され,新規会堂建設が必要とされて
  いる.
  教会およびクリスチャンの献金を求めている.




9.灯台社の印刷機の取替え
  新規に1億円の印刷機の購入を希望している.
  キリスト教関係の書籍の印刷をして,聖書図書刊行会の
  神学書籍の出版に奉仕をしていた会社であ
る.
  伝道文書を無償で発行する奉仕もしている.

  津波で印刷機が使えなくなったため買い替えに迫ら
  れている.    




10.秋田県の一般NPO団体が協力して行っている被災地での
   心のケア(自殺予防)活動への支援.
  1)これまでの実績:
  a.NPO法人蜘蛛の糸(佐藤久男理事長.一般のNPO法人)が主体.
   b.秋田県内ではセミナーと自殺予防相談業務を多数実施.
   c.2011年3月14日から,被災地,宮古市,釜石市,大槌町,山田町等へ
    入っている.
   d.自殺予防相談受付活動を実施している.
  e.岩手いのちのネットワークと協力して,被災地での
   自殺予防支援活動をしている.



  2)支援:経済支援をお願いします.
   a.NPO法人主催による被災地での自殺予防セミナー(仮の名前)
   b当EJDRFと共済する形で,実施を希望.
   c.想定される必要は,概算で70万円程度.



以上の必要について,支援の要請が届いています.

引き続き,各界,多方面の皆様からのお祈りとご支援を賜りたく,
お願い申し上げます.



皆様の尊い犠牲に対して,豊かな祝福とお報いがありますように,
お祈り致しております.



感謝しつつ
敬具

Regards, ..wish to express our gratitude by us...



蒔田栄@ombbc
NPO EJDRF 理事長(代表)
Sakae Maita
NPO EJDRF chief director
sakamakita@gmail.com



前に戻る <=
次へ進む =>
TOP <=