被災者の心のケアセミナー

お話:ロザリン・ヨンさん
   (東京大学医学部大学院精神保健分野博士課程)

        

3/11の地震津波災害を受けて,
ロザリンさんと,

家族,仕事,家屋を,一度に失った心の痛みについて,
自殺予防対策の観点からメンタルヘルスケアの重要性を
話し会いました.
そしてロザリンさんが準備と実践の取り組みをされました.
4/11に那須で,
セミナー活動をされた時のお話のビデオを紹介します.


心のケアを一緒に学びませんか!




一緒に取り組みませんか!





那須の心のケアセミナービデオ

 ★ 4/11 被災者の心のケアセミナー no1/11

   
no 2/11
   no 3/11
   no 4/11
   no 5/11
   no 6/11
   no 7/11
   no 8/11
   no 9/11
   no10/11
   no11/11


ところで,
ロザリンさん,感想は? 
  那須は,協力してくれた場所が教会だったので,
  クリスチャンの人が多いでした.
  実際の話に入っていくと,
  出席した人からの話の応答,レスポンスが,
  後から入ってきた人ほど,メンタルヘルスから逸れてしまう・・・.
  それは,被災した人のこころを建て上げるのが難しくなるので・・.
  メンタルヘルスは,誰にでも皆に必要なものです.
  そこのところを,もっと大切に,と望まれます.

  ロザリンさんは,もっとメンタルヘルスそのものについての啓発が
  必要であると,感じているようです.


前のページ ←

はじめのページ ←