2015.05.09.(土)

何もする気が出ない.

仕事につけなくて

引きこもり状態になり,

それが続いている間に,うつ病になり,

更に条件が悪くなった.

あらゆる可能性がなくなった.

何とかしなければと思うけれど,

現状では何もできない.

やはり,成長期の親との関係から,

直していかなければ,

回復できないのでしょうか?



それが,できたら良いのですが, ご両親も既に70歳を過ぎていらっしゃいますし,

私たちは,過去には戻れないですね.



でも,現在70歳代になられているご両親との和解は可能性がありますね.

和解というのは,あなたの希望に対して,ご両親の行き届けない限りあるお姿を,

そのまま理解して,受け入れることなのですが.

それをしていく先に,過去も癒されていく可能性があります.



ところで自分自身との和解も大切です.

これは自己受容ということなのですが.

それは,ご存知でしたか?

まわりの友人知人の中で,行き届けない限りある自分の姿を,

そのまま大切に受けとめて,その自分の生活を営んでいくことになるのですが.

それにより,過去のご両親のお姿も需要できる可能性も生まれて来ると思います.




「和解」について,私は,次の聖書のみ言葉が思い起こされます.


《聖書・コリント第二 5章17節〜19節》

17 だれでもキリストのうちにあるなら,その人は新しく造られた者です.

 古いものは過ぎ去って,見よ,すべてが新しくなりました.

18 これらのことはすべて,神から出ているのです.

 神は,キリストによって,私たちをご自分と和解させ,

 また和解の務めを私たちに与えてくださいました.

19 すなわち,神は,キリストにあって,この世をご自分と和解させ,

 違反行為の責めを人々に負わせないで,和解のことばを私たちにゆだねられたのです.



《聖書・エペソ人への手紙 2章14節〜22節》

14 キリストこそ私たちの平和であり,

 二つのものを一つにし,隔ての壁を打ちこわし,

15 ご自分の肉において,敵意を廃棄された方です.

 敵意とは,さまざまの規定から成り立っている戒めの律法なのです.

 このことは,二つのものをご自身において新しいひとりの人に造り上げて,

 平和を実現するためであり,

16 また,両者を一つのからだとして,

 十字架によって神と和解させるためなのです.

 敵意は十字架によって葬り去られました.

17 それからキリストは来られて,

 遠くにいたあなたがたに平和を宣べ,

 近くにいた人たちにも平和を宣べられました.

18 私たちは,このキリストによって,両者ともに一つの御霊において,

 父のみもとに近づくことができるのです.

19 こういうわけで,あなたがたは,もはや他国人でも寄留者でもなく,

 今は聖徒たちと同じ国民であり,神の家族なのです.

20 あなたがたは使徒と預言者という土台の上に建てられており,

 キリスト・イエスご自身がその礎石です.

21 この方にあって,組み合わされた建物の全体が成長し,

 主にある聖なる宮となるのであり,

22 このキリストにあって,あなたがたもともに建てられ,

 御霊によって神の御住まいとなるのです.



上の聖句から,憤りと和解の仕組みを知ることができます.

和解は敵意を取り除く行為なんですね.

では,私たちの間に,敵意が,なぜ生まれるのか.

それは,自分を助け支えるものがない,また助け支えてくれるものもない,

あらゆるものに欠乏した裸の状態と不安が,要因の一つです.

そして,それを満たすものを自分自身に対して,また互いに対して要求し,

満たすためのルール(律法)を建てますが,

けれども,それでも,自分のいのちを立てるには,

不足し足りない状況もあり,要因となっています.

それらの要因に伴って,憤りと反目が生まれると考えられます.

いのちを支える何物もない不安による憤りと反目と言えます.



けれども,私たちには希望があります.

創造主なる神様が

このような,私たちと私たち自身との間に,

また,私たちお互いの間にある憤りと反目に対して,

イェス・キリスト様の十字架によって,解決をもたらされました.



私たちをお造りくださった神様が,

私たちが,自分に必要な,あらゆるものを満たそうとして満たせず,

いのちの不安の中に居ることを,ご存じです.



そして,ご自身の御手によって必要を満たすために,

御子イェス・キリスト様による十字架の身代わりの贖いを通して,

私たちを赦す和解と贖いの御業を行ってくださいました.



それによって,私たちとの交わりを回復なさって,

私たちのいのちのために必要なすべてを,

私たちに対して,満たそうとされています.



神様は,御子イェス・キリスト様の十字架の身代わりによって,

ご自身の愛を明らかにされています.

和解と受容による平和と平安を,イェス・キリスト様がもたらして下さっています.



《イザヤ書 43:4》

4 わたしの目には,あなたは高価で尊い.

 わたしはあなたを愛している.

 だからわたしは人をあなたの代わりにし・・・,



 《ローマ 5:6 - 10》

  6 私たちがまだ弱かったとき,キリストは定められた時に,

  不敬虔な者のために死んでくださいました.

  7 正しい人のためにでも死ぬ人はほとんどありません.

  情け深い人のためには,進んで死ぬ人があるいはいるでしょう.

  8 しかし私たちがまだ罪人であったとき,キリストが私たちのために死んでくださったことにより,

  神は私たちに対するご自身の愛を明らかにしておられます.

  :9 ですから,今すでにキリストの血によって義と認められた私たちが,

  彼によって神の怒りから救われるのは,なおさらのことです.

 10 もし敵であった私たちが,御子の死によって神と和解させられたのなら,

  和解させられた私たちが,彼のいのちによって救いにあずかるのは,なおさらのことです.



神様は,ご自分の祝福が,私たちのいのちの希望であることを,

良くご存知なのです.そして,それを私たちにもたらせようとされている.

この神様から私たちへの愛は,変わることのない永遠の愛です.

私たちが,回復する希望は,常にあります.



神・主を仰いで,御助けを祈り求めましょう.



        ← 戻る