2015.05.30.(月)

事実であり現実である「裏打ち」を持っている神の「真」

《聖書・ペテロ第一の手紙 5章12節》

12 私の認めている忠実な兄弟シルワノによって,

 私はここに簡潔に書き送り,勧めをし,

 これが神の真の恵みであることをあかししました.

 この恵みの中に,しっかりと立っていなさい.

※上の聖句は、事実,現実という意味で「真」である と告げています.

 想像や作り話ではないから、シャローム(安心・安全感)が

 あるんですね。 想像している話は、シャローム(安心・安全感)を もたらしません.

 根拠の無い話は虚しい。それどころか,絵空事の話で他人を あしらおうとするのか,

 と憤りを覚えます.

 あらゆるすべての必要が「欠乏」し、

 更に,その「欠乏」しているものが見えず、

 そして,死に至るほどに「欠乏」している状態にある。

 これは根拠のある話です。  

      ← 戻る