2015.06.22.(月)

旧約聖書の御言葉にある日本語の「尊厳」は、

ヘブライ語の「hod」の訳語です。

そのヘブライ語の言葉は24箇所に使われています。

それらは「主権」と「輝き」と「生きる活力」とが深く結びついていることを示しています。

そして、それらの三つは、その内のどれか一つを奪われると、三つの全てが失われます。

このことは、引きこもりの青年たちの言葉を聴いていると、如実に言い表されてきます。

また、実際に自殺予防の活動をしている方々から「自殺は容易には無くならない。」、

「そんなに甘いものではない。」との言葉を繰り返し、お聞きします。

自殺予防の活動をしている中で、教育の役割の大きさを痛感しています。

自殺の問題の解決のために、大切な要件として、異なる状況にある人や、

価値観の異なる人を排除しないで、ともに生活を営む仲間とすることができることが必要と言われています。

異なる価値観の人を排除する姿勢が、自殺に追い詰める要因になっているからです。



一市民にとって、こどもの教育こそは、大切な主権的行為であると思うのです。

その主権的行為を行えるように、教育の背景となる世界観や人間観について、

社会環境を整備することが必要であると思わされます。



たとえば、フランスでは、中等学校の初めに哲学講義があり、

その教科書には神の実在についての講義があります。

しかし、日本ではそれはなされていません。

そのような中で、2014年の秋田県の自殺率は第2位にさがりましたが、

2015年1月と2月の自殺が、2014年の1月〜2月の4倍になったとお聞きしました。

「やはり」と思わされたりもしています。

それが、全国統一学力テスト第一位の秋田県の姿ですなんですね。



今、自殺要因をなしている社会の状況と、社会状況を形成している教育の姿とを、

変えることが求められていると思います。



「尊厳」について、私は、次の聖書の御言葉が思い起こされます。

《聖書・箴言 5章7節〜11節》

7 子どもらよ.今,私に聞け. 私の言うことばから離れるな.

8 あなたの道を彼女から遠ざけ, その家の門に近づくな.

9そうでないと,あなたの 尊厳 を他人に渡し,

あなたの年を残忍な者に渡すだろう.

10そうでないと,他国人があなたの富で満たされ,

あなたの労苦の実は見知らぬ者の家に渡るだろう.

11そして,あなたの終わりに,

あなたの肉とからだが滅びるとき, あなたは嘆くだろう.



※ 5章9節に "あなたの尊厳(ヘブライ語:hod)を"とあります。

仮に、私たちには、教育の姿を変えることが十分にはできないとしても、

私たちには希望があります。 それは次の聖句が思い起こされ、

神・主が私たちの尊厳を回復して下さるお方であると、

言われているからです。



《聖書・ゼカリヤ書 10章2節〜6節》

2 テラフィムはつまらないことをしゃべり,

占い師は偽りを見, 夢見る者はむなしいことを語り,

むなしい慰めを与えた. それゆえ,人々は羊のようにさまよい,

羊飼いがいないので悩む.

3 わたしの怒りは羊飼いたちに向かって燃える.

わたしは雄やぎを罰しよう. 万軍の主はご自分の群れであるユダの家を訪れ,

彼らを戦場のすばらしい馬のようにされる.

4 この群れからかしら石が, この群れから鉄のくいが,

この群れからいくさ弓が, この群れからすべての指揮者が,

ともどもに出て来る.

5 道ばたの泥を踏みつける勇士のようになって,

彼らは戦場で戦う. 主が彼らとともにおられるからだ.

馬に乗る者どもは恥を見る.

6 わたしはユダの家を強め, ヨセフの家を救う.

わたしは彼らを連れ戻す. わたしが彼らをあわれむからだ.

彼らは, わたしに捨てられなかった者のようになる.

わたしが,彼らの神,主であり, 彼らに答えるからだ.



※10章3節に、神・主が、

すばらしい (=ヘブライ語:hod 尊厳) 馬のようにされる、 とあります。



     ← 戻る