WebLog

           = 主 の 小 道 =





 2015.06.27.(土)  

「土地柄の違いで,そんなことも?」と.

雑誌で読んだことなのですが,

「秋田って豊かなんだなぁ.」と.



         ← 戻る



 2015.06.22.(月) 

 旧約聖書の御言葉にある日本語の「尊厳」は、

 ヘブライ語の「hod」の訳語です。

 そのヘブライ語の言葉は24箇所に使われています。

 それらは「主権」と「尊厳」と「生きる活力」とが・・・.



       ← 戻る



  2015.06.14.(日) 

 7 私の願うところは,すべての人が私のようであることです.

 しかし,ひとりひとり神から与えられたそれぞれの賜物を

 持っているので,人それぞれに行き方があ ります.


      ← 戻る



   2015.06.01.(月)  

 傾聴の際に,寄り添う相手に対して「心を開くこと」が,

 大切な要件の一つですが,それについて,


         ← 戻る



2015.05.30.(土)  

 事実であり現実である「裏打ち」を持っている神の「真」

 《聖書・ペテロ第一の手紙 5章12節》

 12 私の認めている忠実な兄弟シルワノによって,

  私はここに簡潔に書き送り,勧めをし,

  これが神の真の恵みであることをあかししました.

  この恵みの中に,しっかりと立っていなさい.


        ← 戻る


2015.05.27.(水)  

  来談されている方が,

  自らの内に助けとなるものが無く,

  外にも助けとなるものの無い,

  聖書の中で,イェス様が「心の貧しい者は幸いです.」と

  祝福されている姿に,似たお姿なのではないかと,

  感じられる場合があるんですね.


        ← 戻る



2015.05.25.(月)  

全ての人は強い欠乏感の中にいるのでは.

《聖書・創世記 3章6節〜?節》はそれを告げています.

その視点を踏まえるところに「真」があるのでは


    ← 戻る



2015.05.19.(火)  

これは,私が自分を振り返って,

自戒させられることですが,

自身を振り返って,

結果的に,最終的には,課題を自分の「自我」の能力で

乗り越えたと思ってるということを,

繰り返している場合がありますね.

でも,それでは,まだ,自我の能力に寄り頼む営みの中にある.

そして,自我の能力による混乱を,更に,繰り返し

経験し て行くことになる.

大切な,祈りの課題ですね.



            ← 戻る



2015.05.15.(金) 

神・主は, 私たちにいのちを得させるためには,

私たちを,助けとなりそうなものの何もない,

支える力となりそうなものも何もないような貧しい状況へと

私たちを導くことさえして,

私たちに,本来の姿と状態を知らせて認識させ,

人のいのちであられる創造主なる神様との変わることのない

永遠の愛のお交わりの中に, 即ち,永久の祝福の中に,固く立てようとされる.


       ← 戻る


2015.05.14.(木) 

とんでもない,大変な思いをした人が居てよ.

「神様がいるならなぜ,このようなことが?」

「神も仏も居あるもんか? 」

って言うもんな.

頑張ってきたけれど,こんなひどい状態になった.報われない.

それを思うと憤りが込み上げてくるんですね.



      ← 戻る




  2015.05.13.(水) 

  目の前の沢山の課題とその課題の難易度に,

  壁の大きさ重さを感じる場合がありますね.

  そのような時には, 大きさと重さに潰されそうになりますね.

  神様は,私たちのサイズを良くご存知です.

  目の前に,手近にある小さな一つの課題から,

  やっていきましょう.



  2015.05.11.(月) 

   途中,車内から,田んぼに水を入れて“しろかき”をする様子が,

   あちらこちらで見られる.農家は,今,繁忙期だ.

   なぜ,米を作り続けるのか.

   訪問先で,お聞きした言葉を思い出す・・・.


  《聖書・申命記8章3節》

   それは,人はパンだけで生きるのではない,

   人は主の口から出るすべてのもので生きる,

   ということを,あなたにわからせるためであった.




  2015.05.09.(土) 

   何とかしなければと思うけれど,現状では何もできない.

   やはり,成長期の親との関係から,直していかなければ, 回復できないのでしょうか?

   ご両親も既に70歳を過ぎていらっしゃいますし,過去には戻れないですね.

   でも,現在のご両親との和解はできますね.和解というのは・・・.



  2015.05.07.(木) 

   助けるもののいない,

   そして自分の内にも助けとなるもののない状態は,

   神・主の御言葉によって,

   新たないのちの営みが切り開かれていく機会.

   自分の能力ではどうすることもできない現状は,

   新たないのちへの生活の処方箋を獲得するチャンス.


       ← 戻る




  2015.05.04.(月) 

   ご来談されている方の悩んでいる内容が,

   ご自身の原罪に直面していらっしゃるご様子・・.

   けれども,ご本人が,それをお気付きではない状態です.

   欠乏感と渇きがあり,本来はそれらが満たされているはずのものであると感じていらっしゃる.



  2015.05.03.(日)  

   「理不尽で,過酷なこと.」

   堕落した状態の中に生れていた.

   生まれ出ることを選べない.

   既に,その中に,生まれ出でていたのだ.




  2015.04.19.(日)  

   夫から妻への処遇は即ち,

   夫が自分自身を処遇していることなのです.

   そして,妻から夫への処遇もまた,

   妻が自分自身を処遇していることなのです. 


        ← 戻る




  2015.04.13(月) 

   ルンルンでいるときは,ちょっと危ないかも.

   自分の貧しさを噛み締めている時の方が,

   安全かも・・・・.

         ← 戻る




  2015.04.11(土) 

   健康ってなに?

   見よ.非常に良かった.(創世記1章31節)

        ← 戻る



  2015.04.07.(火) 

   何故?って問いを立てると,

   解きたくなるのが・・・・・(^^-)

        ← 戻る



  2015.04.02.(木) 

   なぜ,人のいのちって大切になの?

   それはね,神様がこの上なく愛されて

   明後日は,受難日なんだ.

        ← 戻る



  2015.03.31.(火)  

   人間の内側で,働きかけて下さっている神の霊は,

   内側から出る息吹(吐息)と息吹による声の指示内容を伴って,

   外へ向かって流れ出し,周囲の人々へ働きかけてもいる.

       ←戻る



  2015年3月29日(日)  

   イェス・キリスト様が,恵みによって, 十字架の上で

   身替りの贖いを成し遂げて下さり, 私たちにいのちを

   得させようと為さって下さっている


       ← 戻る



  2015.03.21.(土)  

    エリッヒザウァー著(1953年)の「世界の救の黎明」を,

    久しぶりに手にした.人が神様の御前から逸れ出したことで,

    あらゆるものを失う「欠乏」状態に.


        ← 戻る



  2015.03.17 (火)  (FBへの投稿より) 

    神様が必要を満たそうとされている.

    イェス・キリスト様の身替りの贖いによって,

    神様を仰ぎ求めることが出来るようにして下さっている.


        ← 戻る